記事一覧

東海ダービー スロー症候群


うむー。あれだけ能書き垂れて人気馬を斬りながら正解にたどり着けなかった安田記念。

結局はマイル路線は暫くスローペースが続いた中で何となくな序列が決まってきた中での今回の結果なのだろう。

それと前目で行かないと勝負にならないという騎手心理が今回の波乱を生んだのかもしれない。

期待したビューティーオンリーは、モレイラのアシストも活かせずに進路取りと追い出しに失敗したのと、大幅馬体減もあり本来の力を発揮出来なかった感じだった。

それにしても勝ったサトノアラジンは去年の京王杯1400mを彷彿とさせる末脚炸裂であったし、3着のレッドファルクスも短距離の鬼だった事を考えると、今年の安田記念はかなり特殊な競馬だったのかもしれない。

それにしても腹を括っての逃げで2着に残ったロゴタイプの底力には驚かされたし、伊達にモーリスを撃破した馬ではないのを証明した一戦だった。


明日は東海ダービー。

逃げが圧倒的有利の名古屋で逃げ馬不在のダービーである。

前哨戦となる駿蹄賞が逃げ馬だらけだったのに‥

本来なら鉄板級の評価であったのがフリーゴーイングだったのだが、ここ最近の体たらくはどうしたモノかといった感じで、休養するか何かしないと復活の目は全く無さそうだ。

笠松の2歳チャンピオンだったマルヨアキトは前走の駿蹄賞で復活!と言いたいところだが、展開が嵌った感もかなり強く今回が真価を問われる一戦だろう。それでもこのメンバーなら評価は落とせない。


駿蹄賞勝ちのドリームズラインは今回もド本命で仕方ない。
但し気になる点があるとすれば、自力先行型では無い分だけに思わぬ取り零しがあっても不思議では無い一面がある。
駿蹄賞が大乱戦であって展開的に有利な立場でレースが出来ての勝利だったのもポイントになりそうだ。
しかしそれでも馬券圏内を外すことはまず考えられないし複勝なら100円戻しだろう。


侮れないのが、東海クイーンカップを捨ててまで牡馬路線に狙いを定めて来たクインザドリーム!
新春ペガサスカップではドリームズラインを差しているあたりポテンシャルはかなり高い。
非常に小柄な馬だけに末脚一手なのは仕方ないが皆が勝利を意識するスロー乱戦になった時に温存した末脚が炸裂する可能性もある。
それに前走は、明らかにダービーに向けての試走のような感じが感覚的に何となく感じた。


てな訳で本命はクインザドリーム!相手にドリームズラインとマルヨアキトの三連複一点1000円!





競馬ブログランキングへ


ギャンブルランキングへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント