記事一覧

安田記念 前有利か?


相変わらずの前有利な馬場の東京と開幕阪神。

期待したアーバンキッドは先行策で絶好の手応えで直線を向くも最後の1ハロン手前で力尽き3着。
距離経験の無さと休み明けが影響したか。

ドレッドノータスは去勢明けでも通称伝説の新馬戦の勝ち馬だけあって力上位の走りっぷりだった。


鳴尾記念で勝負したマイネルフロストは、スタートで1完歩目が遅かったので丹内騎手が軽く促しただけで引っかかってしまった。
絶好位のポケットに入るも、逆にスパートのタイミングが上手くいかずに仕掛け遅れの3着。しかしあれだけ引っかかってスパートを遅らせてのものだけに致し方ない。

それにしても逃げた時の武豊騎手の怖さを思い知らされた一戦だった。


明日の安田記念。

今日の馬場を見る限り直線一気型はかなり苦しい目に遭いそうではある。

それを踏まえるとロゴタイプ!となるのだが、どうもローテーション的に3か月の休み明けの今年は、ダービー卿を叩いた去年と比べるとやや分が悪いような気がする。

そのほか先行勢では、クラレントが中2週で再度の長距離輸送、しかも前走は力の要る馬場を激走した疲れが心配。

穴目ならよくわからないロジチャリスの残り目があっても不思議ではないような気がしないでもないが、常識的には相手が強過ぎるか。

ヤングマンパワーも強いのか弱いのかよくわからない謎の馬で、常に注意が必要なのが非常に厄介ではある。ただ定量戦となる今回はイスラボニータを抑えた富士ステークスの再現は難しいかと。

そう考えるとイスラボニータ本命となりそうなのだが、前走は超ファインプレーでエアスピネルを下したあたりに絶対的な力差を感じなかったし、去年の5着だった安田記念を持ち出すまでもなく、今回は胡魔化しの効かない東京で二番煎じがあるとは思えない。

そうなると今まで御託を並べた以上、イスラボニータと互角のエアスピネルの頭も狙いづらくなってしまった。ブラックスピネルも然り。

思い切って狙えば、前走でキタサンブラックを徹底マークで大阪杯2着のステファノスだが、川田騎手が乗らないのも不思議。それに今年の馬場を考えると大外枠は諸刃の劔になりそうだ。ただ普通に考えると日本馬では最有力候補だろう。

てな訳で散々悩んだ挙句に、今回は香港馬で勝負!!

去年惨敗したコンテントメントはマジックマンであるモレイラ騎手で穴人気になりそうだが、単勝勝負はコンテントメントより本来は遥かに強いビューティーオンリーだ!

ビューティーオンリーの単勝1000円勝負!





競馬ブログランキングへ


ギャンブルランキングへ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント