記事一覧

目黒記念 ハンデ戦は買うな


「ハンデ戦は買うな」が勝負の基本だと思っている。
弱い者でもチャンスがあるようにハンデを付けている訳で、世界でも有数の有能なJRAのハンデキャッパーが付けたハンデは後々かなり参考にはなるがハンデ戦は本当に難解だ。

日曜日の目黒記念。

ハンデ云々を抜きにしても、前走で直線が壁になる不利を乗り越え鮮やかにメトロポリタンステークスを制したヴォルシェーブ。
前走の再戦のような組み合わせのここなら連勝もありえようが、今回は福永騎手から戸崎騎手の乗り替わり。前走で馬体が−12㎏なのに中2週で再びの長距離輸送となると不安も多い。

ただ中2週を思わせない調教が吉と出る可能性もある‥。

福永騎手は去年の目黒記念の覇者であるクリプトグラムを選んだ形に。

54㎏とはいえマリアライトを抑え込んでの勝利は非常に価値が高い。
今回のメンバーよりレベルの高かった一戦だったのを考えると、一年ぶりといえ全くの軽視はしづらい。ただ常識的には狙いづらいのが悩ましい。


思い切って勝負するならウムブルフ!

もともとがクラシックでもと期待された逸材だったが馬場が合わなかったり体調が良くなかったりで皐月賞は惨敗したが、仕切り直しの直しの500万条件の東京2400を危なげなく勝つと、続く札幌の重馬場の2600を軽く捲くって大楽勝!

菊花賞は一か八かの早めの動きで惨敗したが、休み明けを叩いた前走の稍重の中山戦を楽勝してきた。
無理使いされずにじっくりと馬の成長を待っていたのが実を結んだ感はある。

55㎏のハンデも手頃であるし、このくらいの相手ならあっさり勝って全く不思議ではない。

買うなら単勝で勝負!





競馬ブログランキングへ


ギャンブルランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント