記事一覧

カーネーションカップ 地味なレベルの高さ


やったー!!的場騎手7000勝おめでとうございます!!

それにしてもリアライズリンクスが5番人気って‥
期待値込みで圧倒的1番人気だと思っていただけに予想以上の配当に喜びもひとしお!!



さて浮かれぽんちはこれくらいにして土曜日の東京9Rのカーネーションカップ。

手頃な小頭数になりそうな雰囲気がありつつ人気もそこそこ割れそうで馬券的に面白そうなレース。

前走オープンの忘れな草賞4着のイストワールファムやチューリップ賞6着のダノンディーヴァに注目が集まりそうだが、勝負してみたいのはシンボリバーグ。

調教ではスーパームーンやロサギガンティアやソウルスターリングといった名だたる馬達の胸を借りているあたりに期待の大きさが伺い知れるし、前走で4着に敗れた中山戦もそんなに悲観する内容ではなかった。

好位で落ち着いて進むも三角で捲りを喰らい、普通なら下がるところを慌てず動じず折り合いに専念。

追ってからズブくジリジリとしか伸びなかったが、それでもあまり差のない4着に食い込んだ。

平場の地味なレースではあったが、実は中身は意外と濃くレベルがそこそこ高いレースで、9着のシャドウマリアは次走ミモザ賞4着で、8着のジュリエットベールはミモザ賞3着。実際はミモザ賞は7頭立てというオチがあるのだが、純粋な対戦比からでもシンボリバーグは500万卒業レベルには達しているはずだ。

人気の盲点になりそうな今回こそ単勝で勝負してみたい!




競馬ブログランキングへ


ギャンブルランキングへ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント