記事一覧

東京プリンセス賞 逃げるは恥だが‥


羽田盃は中央から転厩初戦のキャプテンキングがあっさりと逃げ切り勝ち。

格差社会をまざまざと見せ付けられた格好になってしまった。
去年の東京ダービーでも感じた事だが、地方競馬の盛り上がりを考えると何だかこれでいいんだろうか?という気になってしまう。

期待したミサイルマンは真っ向勝負を挑んでの力負けで残念な結果にはなったが、現在地を知る上で納得の競馬だった。

余裕綽々だったキャプテンキングは東京ダービーも勝てるだろう。

さて明日は東京プリンセス賞。

一番人気濃厚なのは圧倒的な時計と強さで東京2歳優駿牝馬を勝ったピンクドッグウッド。

しかし次走の浦和ユングフラウ賞で不可解な敗戦をして、同じく浦和コースで行われた桜花賞をパスして牡馬相手の京浜盃でヒガシウィルウィンの2着。

桜花賞をパスしたのはトリッキーな浦和コースを嫌ってのモノなのかも知れないが、個人的には正々堂々と牝馬クラシックロードの王道を歩んで欲しかったと思っている。

しかし京浜盃でのパフォーマンスを見るとやはり牝馬では抜けた存在で、左回りコースに戸惑わせるよりも、東京プリンセス賞をしっかりと獲る為の京浜盃出走だったのだろう。

大井コースなら不動の本命として間違いない!!


相手も後々の東京湾カップの覇者になるソッサスブレイを撃破したシェアハッピー。
東京コースなら潜在能力をフル発揮だろう。

人気で仕方ないが馬単一点勝負!




競馬ブログランキングへ


ギャンブルランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント