記事一覧

焦ったら負け


兵庫チャンピオンシップの大本命リゾネーターは、かなり離された4着。残りのJRA勢で1着から3着を独占で3連単が2万越えの馬券‥。

馬の体調や長距離輸送など様々な敗因が考えられるが、外枠と騎手の焦りもあったような気がするようなレースだった。

並みのスタートで4番手の外になりかなり焦って手綱を早くから扱き好位を取ろうとするも小回りでは外外に振られるだけで終わってしまったし、道中全く息を入れられる余裕がないレース振り。

イメージ通り乗れなくて焦って終わっただけの印象があった。

ただ、腹を括って差しを狙って不発だった場合には今回の騎乗よりももっと酷評されてしまうし難しいところだろう。

まー何より馬の力が抜けている訳でなかった事の証明だろうか。

反対に勝ったタガノディグオの川島騎手は落ち着いた騎乗ぶりだった。

早目に砂を被らない位置で馬を落ち着かせ息を入れ末脚炸裂させたレースは見事だったし、力で外から捩じ伏せたのだから純粋に馬が強かったとも言えるだろう。

ただ、エピカリスという化け物がいる3歳ダート界。エピカリス不在のレースではこれからも交流重賞で主役を張れそうだし、脚質的に大井も向きそうだし大いに期待したい。


東京湾カップで期待したカンムルはあんなものだったか。サイバーエレキングは見せ場充分の3着。やはり強敵相手に逃げを打ち続けていた底力を発揮した。今後も単騎逃げが見込めるレースでは怖い存在だろう。

駿蹄賞で青田買いしたカワナは、この相手で楽に2番手に付けて手綱をガッチリと抑えていたので一瞬夢を見たが、初の距離が響いたのか三角過ぎからずり下がりで殿負け。

ただ絶対的なスピードは見せた訳で、立て直して短距離ならもう一度見直してみたいと思わせる内容だった。

てな訳でゴールデンウィークも全く当たらずに終わってしまったが、競馬はまだまだ続くので焦らず落ち着いて予想しなきゃなー。




競馬ブログランキングへ


ギャンブルランキングへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント