記事一覧

西部スポニチ賞 価値ある負け。


本日小倉の準メインである西部スポニチ賞。

1番人気は現級勝ちのあるミルコ騎乗のタニノアーバンシー。
叩き3戦目で絶好の狙いのように見えるが、休み明けを叩き中一週の後の中2週での小倉への再輸送はややハードな感じがするし、いずれも目一杯走ってのものだけにそろそろ疲れが現れても不思議ではない。

ましてや前走はコパノマリーンに4馬身千切られての2着確保。成績の字面を額面通りに受け取るのはやや怪しいような気がする。

2番人気のイモータルにしても去勢明けの前走が−10㎏という馬体重。能力的には充分勝ち負けのレベルの馬ではあるが、体調面に少し疑問がある以上もう少し様子を見るのが正解か‥。

頭で狙ってみたいのはグラットシエル!!

兎に角前走の白百合ステークスは少頭数ではあったが地味にレベルが高いレースだった。

逃げたダイシンクイントから離れた2番手に付けて1000M通過が59.0というペースで飛ばしたダイシンクイントを4角で捉えると直線では先頭。

一瞬あわやのシーンを作ったがさすがに最後は力尽きた。

それでも勝ち馬サトノクロニクル(京都新聞杯2着馬)から0.2の着差なのだからこの馬もかなり強い。

グラットシエルの単勝勝負!!


最強競馬ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント