記事一覧

関屋記念 ウインガニオン?


読売レディス杯は、すんなりと能力通りの結果になりプリンセスバリューが1着で2着は逃げたスターインパルス。

穴で期待したタカラブネクィーンは、完全にレベル負け。やはりいくら近走が余裕綽々のレースだとしても厳しいレースを経験していなかった点は痛かったし、A級戦の洗礼をモロに浴びた感じだった。

最近はバットを大きく振りすぎる予想傾向があるので、軌道修正しないといけないなと実感‥。


今週の重賞は難解なハンデ戦が一休み。関屋記念はしっかり当てたい。

まずはサマーマイルシリーズの第1戦の中京記念を勝ったウインガニオンについて考えてみたい。

暖かくなって走るタイプなのか寒い季節とは全く別馬という不思議な馬で、自身3度目となる3連勝の前走は兎に角強かった。

しかもトップハンデを背負っての小細工なしの先行策で後続を完全に抑えたのだから文句なしであるしここも当然の事ながら最有力の一頭だ。

但し今回は不安要素が無い訳ではない。

まずは激走後の中2週での栗東からの輸送がどう響くかが心配であるし、何より平均からスローに恵まれたここ3戦と違い、今回は目の上のたんこぶともいえるマルターズアポジーの参戦が厄介だ。

ハイペースで小倉大賞典をハイペースで逃げ切ったマルターズアポジーは七夕賞でも果敢に逃げてハイペースを演出したし、ここも後続になし崩しに脚を使わせる為にハイペースの逃げを打つのが濃厚だろう。

そうなると先行策が身上のウインガニオンは今回はかなり苦しいレースになる可能性が高そうだ。


最強競馬ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント