記事一覧

レパードステークス 歴史は繰り返す?



海外帰りで体調が戻らず惨敗を繰り返したゴールデンバローズが出走した一去年のレパードステークスを思い出したこの頃。

その時のレパードステークスは、ゴールデンバローズという大目標の逃げ馬に皆が早めに仕掛けてのハイペース。

中団待機に構えた今は亡きクロスクリーガーが、3コーナーでゴールデンバローズマークに入ると満を持して直線で抜け出し勝負あり!というレースだった。

今回はエピカリスという皆にとっての大目標がいる。

超ハイペースの乱戦になれば、体調万全とはいえない苦しい立場の今なら他馬を突き放すどころか馬群に沈むまであるかもしれない。


クロスクリーガーになれるのは、タガノディグオしかいないのではないだろうか?


クロスクリーガーは兵庫チャンピオンシップを勝って、ジャパンダートダービーに臨むも、ノンコノユメの2着と敗れた後にレパードステークスを制覇。

タガノディグオは兵庫チャンピオンシップを勝って、ジャパンダートダービーに臨むも、ヒガシウィルウィンの3着に敗れた。

臨戦過程も似ているし、有力馬を取り巻く状況も何と無く似ている‥。

そんな訳でタガノディグオの単勝で勝負してみたい。




競馬ブログランキングへ


ギャンブルランキングへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント