記事一覧

真夏の豊満


函館記念のサトノアレス。あれだけ疑念の記事を書きながら結局本命にした時点でアウトだった。

内枠で終始包まれ、4角で大外に持ち出す愚。あれでは届かないのも仕方ないし、かといってゴチャついたインを突くのも1番人気馬としては出来ないのも仕方ない。というか負けるべくして負けた闘いだった。

相場的にGIIIクラスのハンデ戦がやっとの馬だという感じがハッキリしたように思えたし、今後買えるとしたら差し馬場になった時の阪神や中山の芝コースでこそなのかもしれない。

下北半島特別で期待したポップシンガーはスタートでミスしたのが、それにしてもこの相手に力負けした印象が拭えない。もしかしたら1完歩目の遅さを考えると、無理に押して先行するよりはダートの短距離で差し構えが向いているのかもしれない。


本日1番自信のあったマーキュリーカップのクリノスターオー。

この猛暑の中での馬体重の+11㎏というのを見て非常にイヤな予感がしたのだが、イヤな予感というのは必ず的中してしまうのは不思議だ。

ドリームキラリの2番手で絶好の得意のパターンで絶妙のペースで勝ちパターンだったのに最後に力尽きたのは、多分に真夏の豊満が影響したように思えた。

勝ち馬も2着馬も54㎏だったのを踏まえると、56㎏での僅かな着差の3着はそう悲観する内容でもなかったし、同じ斤量ならやはりクリノスターオーの方が上だなという感じがした。

それにしても、今週は放漫な予想にならないようにしっかり研究しなきゃいけないと反省しきり‥。




競馬ブログランキングへ


ギャンブルランキングへ




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント