記事一覧

ブラッドストーンステークス 昇級初戦は危ない‥

日曜日の中山の準メインであるブラッドストーンステークス。常識的には昇級初戦の馬は危ない。道中のペースもメンバー構成もガラリと変わる上のクラスはかなりの試練であるし、現級勝ちの内容が抜けていたからといって飛びついて、痛い目に遭った事は数知れず‥。それでも今回勝負してみたいのが、ハットラブ!!牝馬の昇級初戦のしかも牡馬との混合戦ともなれば、かなり分は悪いのは承知の助だが、それにしても買うなら今回を置い...

続きを読む

アクシデントは付き物だが‥

大井金盃はクラージュドールの優勝!期待したユーロビートは競争中止で、心房細動との事。何より最悪の事態にはならずに良かった。競馬にアクシデントはつねに付き纏う。故に全額勝負はしてはいけないし、負ける事を踏まえた上で馬券で勝負しなければならない。それにしても故障がなかったとして、ユーロビートは勝ったのだろうか‥?...

続きを読む

金盃 ユーロビートの紐探し

さて明日の大井金盃。ユーロビートが勝つとして予想を組み立てているので、全く頓珍漢な診断になるかもだが、相手候補各馬について考えてみる。展開的に逃げ馬不在なのだが、行ったら怖いエンパイアペガサス!近走からは特段逃げに拘っているイメージはないが、船橋の報知グランプリカップでは逃げてムサシキングオーを抑え優勝した実績がある。岡部騎手起用で腹を括った単騎逃げに持ち込む可能性が高いが、ユーロビートにマークさ...

続きを読む

金盃 いつまでユーロビート?

水曜日の大井の金盃。何と言っても長らく南関東のダート界で活躍し交流重賞の勝ち馬であるユーロビートの取捨選択に尽きる一戦だろう。既に齢9歳で衰えが指摘されはじめているが、ここ数戦の内容は悲観する程に酷くはないように思えるのだが‥。大井記念はケイアイレオーネと真っ向勝負で漁夫の利を攫われただけであるし、久々の東京記念では出遅れてしまい後方で折り合いに専念し上がり2位の脚で4着。先行決着になった事を踏まえれ...

続きを読む

小倉大賞典 ここなら‥

本日の小倉大賞典。流石にこのメンバーでは普通に考えてダッシングブレイズで能力は抜けているように思えるし、本来は圧倒的1番人気の馬だろう。半年近い休み明けが嫌われて人気は落ちてはいるが、乗り込み量は豊富で、今回と同じような間隔の休み明けで、洛陽ステークスを圧勝した実績もある。確かに一かバチかの休み明けでは人気は落ちるのは仕方ないが、それにしてもトンオンフの1番人気は意外過ぎる‥。確かにここ数戦は強い勝...

続きを読む